CSR活動

当社はCSR活動を、企業が利益追求のみに傾注するのではなく、ステークホルダー(株主、顧客、社会、社員)の期待に答え、良好な関係を構築していくことを通じて、企業の持続可能な成長を支える重要な活動と位置づけています。

CSR重点活動(社会)のうち、地域社会に対する活動実績をご紹介します。

地域社会の一員として

清水工場が操業している静岡県静岡市清水区三保地区の皆様との相互理解や協力関係を大切にし、 地域社会の豊かな発展に貢献したいとの願いから、様々な活動を続けています。

地元説明会

清水工場では地元自治会と締結している覚書に基づき、三保地区の連合自治会長と各自治会長を招致し、清水工場の安全、環境保全対策や経常的工事等についての説明会を年1回開催して事業活動への理解をお願いしています。2016年度は6月11日(土)に実施しました。

地域教育活動への協力

2013年8月10日(土)、当社清水工場が拠点を置く静岡市清水区にある静岡市立清水三保第一小学校の5・6年生の希望者とその保護者を対象とした「夏休み工場見学会」を開催しました。 清水工場の案内専隊MDFカエルンジャーによる会社説明、工場見学、ミニ実験を親子で楽しんでいただきました。

2013年11月7日(木)、第29回「三保の子セカンドスクール」において三保の工業という学習テーマで勉強会が実施され、近隣各社とともに企業紹介を行いました。これは”地域の子供は地域みんなで育てる”ことを掲げて、地元小学校 PTAをはじめ諸団体の協力により3泊4日で行われている合宿です。

また要請により、地域中学校の工場見学、地域高等学校の職場体験を行っています。

地域活動への協力

清水工場グラウンドは、地域で活動している各種団体が四季を通じてグラウンドゴルフ、サッカー、タグラグビー、陸上競技などのスポーツを楽しむ場として貸し出しています。又、地域神社の例祭、三保地区の夏の風物詩サンセットコンサート、敬老会をはじめ様々な行事に協賛しています。

みんなで守ろう 名勝三保松原

  • 当社清水工場が拠点を置く静岡市清水区三保には、世界文化遺産「富士山」の構成資産として登録された天女の羽衣伝説で知られる美しい三保松原があります。2017年2月4日(土)、地元の『三保松原名勝保存会』が行っている健全な松原再生のための被害木の枯れ枝伐採などの整備活動に、社員ボランティアが協力しました。本年は9年目のボランティア協力となりました。私達が日々暮らしている美しい景観が次世代へ受け継がれることを願い、一人ひとりの手に力が入りました。

  • 静岡市環境保全推進協会により2010年に植樹されたクロマツ苗木の下草刈りも定期的に実施されています。本活動に、当社の社員ボランティアも参加しています。

地域清掃美化活動

2016年6月9日(木)、環境専門委員会が主催し、清水工場に隣接する三保ふれあい広場の清掃美化活動を行いました。本活動は地域の皆さんにとって気持ち良い環境づくりのお手伝ができればとの思いから毎年行っています。
清水工場で働く協力会社の社員も参加し、草取り、ゴミ収集などを中心とした清掃を行いました。

当社は 清水エスパルスの「オフィシャルエコパートナー」です

当社は2009年から清水エスパルスの「オフィシャルエコパートナー」として、ホームゲームが行われるIAIスタジアム日本平において、紙コップを回収してトイレットペーパーにリサイクルする活動をはじめとするエコ活動に協賛しています。ホームゲーム観戦時には、当社名の掲示された「紙コップ分別回収カート」15基(写真)にご注目下さい。