沿革

会社創立~2000年

1963年 4月 米国デュポン社と日東化学工業株式会社との折半出資
により 日東フロロケミカル株式会社として設立
1965年 3月 清水工場稼動、技術サービス研究所開設
1966年 5月 日東化学工業株式会社が所有全株式を三井石油化学工業
株式会社(現 三井化学株式会社)に譲渡、 これに伴い社名を三井フロロケミカル株式会社に変更
1979年 7月 清水工場コポリマープラント竣工
1984年 8月 三井・デュポンフロロケミカル株式会社に社名変更
1986年 12月 清水工場コポリマープラント生産能力増強
1987年 12月 千葉工場竣工
1988年 4月 研究開発センター(現テクニカルセンター)を開設
1990年 1月 株主が米国デュポン社からデュポン株式会社に変更
1992年 10月 千葉工場にて特定フロンの代替品HFC-134a(スーヴァ™)プラント竣工
1994年 10月 清水総合事務所を開設し、本社の主要機能を移転
1994年 12月 特定フロン生産停止
1995年 4月 ISO-9002認証取得(テフロン™、スーヴァ™)
1996年 1月 業務統合パッケージSAP/R3を導入
7月 清水工場にて特定フロンの代替品HFC43-10
(バートレル™)プラント竣工
12月 清水工場のコポリマープラント生産能力増強
1998年 1月 レスポンシブルケア実施宣言