ふっ素樹脂とは

ふっ素樹脂テフロン™は、1938年に米国デュポン社のR.J. Plunkett博士によって発見された歴史のある樹脂です。
今日の工業発展に大きな役割をはたして参りました。
化学、電気・電子・通信、自動車、機械、建設、食品、医薬の各分野はもちろん、近年は環境・安全性、高機能性のニーズに応えて、その用途は拡大し、ますます私たちの生活に欠かせない大切な素材となっています。
テフロン™PTFEに続き、溶融成形の出来るテフロン™FEP、テフロン™PFAが開発されました。
その後、多くの銘柄が開発され、更に成形・加工技術の進歩とあいまって、用途の拡大に大きな貢献をして参りました。