ふっ素樹脂テフロン™

ふっ素樹脂テフロン™は、1938年に米国デュポン社のR.J. Plunkett博士によって発見された歴史のある樹脂です。
今日の工業発展に大きな役割をはたして参りました。
化学、電気・電子・通信、自動車、機械、建設、食品、医薬の各分野はもちろん、近年は環境・安全性、高機能性のニーズに応えて、その用途は拡大し、ますます私たちの生活に欠かせない大切な素材となっています。
テフロン™PTFEに続き、溶融成形の出来るテフロン™FEP、テフロン™PFAが開発されました。
その後、多くの銘柄が開発され、更に成形・加工技術の進歩とあいまって、用途の拡大に大きな貢献をして参りました。

 
 

ふっ素樹脂テフロン™塗料

ふっ素樹脂テフロン™塗料のコーティング(塗装)とは素材の表面に膜を形成することにより、素材を保護して寿命を延長したり、素材が持たない特性を付与したりすることを目的としています。
塗料にはさまざまな種類のものがありますが、当社ではふっ素樹脂が持つ優れた特性を活かし、撥水性、耐薬品性、耐食性、純粋性などのさまざまな優れた特性をあわせ持つふっ素樹脂塗料を製造・販売し、お客様のさまざまニーズにお応えしています。

 
     
   

新着情報