テフロン™の成形法

ふっ素樹脂の成形方法 (PTFE)

ペースト押出し成形
ファインパウダーは圧縮せん断応力によって、繊維化を伴って変形する性質を持っている。この性質を利用したのがペースト押出法である。具体的には、ファインパウダーに適当量の押出助剤を加えた後、ビレット状の予備成形物を作り、それを常温~70℃の温度で押出機のダイスから押し出す。その後、加熱炉を通して押出助剤を乾燥除去した後、引き続き焼成し冷却する。

生テープは押出後、乾燥焼成せずに、圧延ローラーでテープにし、それから助剤を除く。
また、生テープを焼成することにより、 フィルムも製造できる。

お問い合わせ