テフロン™の成形法

ふっ素樹脂の成形方法 (PFA・FEP)

トランスファー成形:バルブ、ポンプ、配管類のライニング等
ライニング等、厚肉で複雑な形状をした成形品の少量生産に適する。一般的なトランスファー成形法はペレットをポットの中で溶融させた後、プレスで加圧して、あらかじめ樹脂の溶融点以上に加熱した金型に注入し、加圧したまま冷却する。金型温度を融点以上に加熱するため、粘度の高い(耐 ストレスクラック性のよい)原料を用いて成形する。
また、最近では、押出機で溶融したペレットをポットに注入する射出トランスファー成形法が使用され ている。ダイヤフラムバルブのライニングの例を示す。

お問い合わせ