テフロン™AF

テフロン™AF グレード

テフロン™AFは完全な非晶性ふっ素樹脂(アモルファスフロロポリマー)であり、透明な樹脂である。特定のふっ素系溶媒に可溶なため、金属やガラス、シリコン基材上への薄膜コーティングが可能である。
また、テフロン™AFは熱可塑性樹脂であるので、従来のふっ素樹脂の成形装置を用いて、比較的容易に押出成形、射出成形なども可能である。現在の販売グレードは以下の通りであり、パウダーと溶液の2種類の販売形態がある。

テフロン™AFの性質

  • 光学特性
    テフロン™AFは非晶性であり、下記図に示す通り、紫外線領域から近赤外線領域まで優れた光透過性を示す。(>95%) また屈折率も非常に低く、1.3前後の値を示す。
  • 電気的特性
    テフロン™AFの誘電率は従来のふっ素樹脂より更に低く、現在知られている有機系樹脂の中では最も低い部類に入る。下図に示す通り、広い周波数領域にわたって比較的一定して低い値を示す。

    テフロン™AFの周波数と誘電率の関係

    テフロン™AFの周波数と誘電正接の関係
  • ガス(選択)透過性

    テフロン™AFは従来のふっ素樹脂に比べてガス(気体)をよく通す。以下にPTFE(同様の用途に使われる、従来のデュポン社製ふっ素樹脂)とテフロン™AFのガス透過性を示す。

    Gas PTFE AF1600 AF2400
    H2 10 500 2300
    He 830 2720
    CH4 41 387
    H2O 1156 4100
    NH4 340
    C2H2 53 480
    N2 1 93 522
    C2H4 26 335
    C2H6 16 216
    O2 4 255 1065
    H2S 100 383
    CO2 12 530 2700
    C3H8 2 97
  • 熱特性
    テフロン™AF1600, テフロン™AF2400はそれぞれ160℃、240℃のガラス転移点を有する。
    それぞれのグレードの熱膨張係数はデュポン社製の従来のふっ素樹脂(PTFE、PFA、FEP)に比べて小さく、ガラス転移点まで非常に安定である。従って温度変化による寸法安定性がよく、成形品の収縮が小さい。
    熱安定性に関しては、360℃以上に加熱すると、HF、COF2、CO、ヘキサフロロアセトン(HFA)などの有害物質が揮散するため、十分に換気する必要がある。

    テフロン™AF1600の熱膨張

    テフロン™AF2400の熱膨張
  • その他

    その他にも、デュポン社製の従来のふっ素樹脂(PTFE、PFA、FEP)が有する優れた特長(耐薬品性、低表面エネルギー、低吸水性、難燃性等)をも兼ね備えている。

テフロン™AFの用途

用途例としては、高機能光学フィルム、脱気シート・チューブ、高密度ハイブリッドICなどの誘電層、離型剤、各種光学ディバイス保護コーティングなどに用いられている。

  • テフロン™AFの使用理由
    耐薬品性、耐久性、耐湿性、低誘電率、加工性の良さ(2μmの厚みでコーティング)

    超伝導基板保護層
  • テフロン™AFの使用理由
    光透過性、低屈折率、加工性の良さ(10~20μmの厚みでコーティング)

    外科手術用ランプ

参考資料

本ホームページに掲載されているデータの詳細は、以下の論文を参照のこと。

題名: "Properties of Amorphous Fluoropolymers Based on 2,2-Bistrifluoromethyl-4,5-Difluoro-1,3-Dioxole"
著者名: Warren H. Buck and Paul R. Resnick
掲載論文: 183rd Meetings of the Electrochemical Society, Honolulu,HI,May17,1993

お問い合わせ