働く人

04 満足させる製品づくりは当たり前。
     めざしているのは、お客様をいかに感動させられるかです。ポリマープラント技術グループプロセスエンジニア林榜佳(機能高分子工学専攻修了)入社3年目
Bangjia Lin

広東省出身。交換留学生として来日し6年目。現在は堪能な日本語も、実は来日後に習得。
入社理由は「化学を学んだ者なら当社の両株主の評判の高さは皆知っていますから。
それに外国人が働きやすい印象でした」

林榜佳さん

我々プロセスエンジニアの仕事は大きく分けて2つあります。 一つは既存製品の品質改善。そしてもう一つ、特に力を入れているのが、次世代製品の開発です。 実験室レベルの素材を開発する研究開発部門と違い、私たちの役割は製品として量産化をはかることです。


いま私が中心になって進めているのは、従来フッ素化合物に乳化剤として使われてきた添加剤を より安全性の高い物質に代替する取り組みで、グローバルプロジェクトの一つです。 この添加剤は製造工程の最初の段階で使う材料なので、これを別のものにすれば、 長年に渉り安定生産、安定品質の面で実績を積んできた現行の全工程を見直さなければなりませんが、 実現すれば画期的な成果となるはずです。


この仕事の難しいところは、実験レベルではできることがプラントでもできるとは限らないこと。 通常生産の合間を縫って生産テストを行うため、時間的制約もあります。 目標の製品ができず失敗したこともありましたが、失敗から学ぶことは多い。 製造部門、研究開発部門など、他部署と議論するうちに必ず突破口は見つかります。 そういう信頼関係ができているのも当社の魅力ですね。


今まで誰もできなかったことに挑戦するのは楽しいですよ。 私たちがめざしているのは、顧客企業の厳しい要望に応えるだけでなく、いかに感動していただけるものをつくるか。 大企業の経営陣に「我々はMDFのファンです」なんて言われたりすると、この上なくやりがいを感じるのです。

 

ポリマープラント技術グループ

プロセスエンジニア林榜佳のある1日

8:25製造部門の朝会に参加

プロセスエンジニアは、製造や研究開発、営業、分析などすべての他部門とコミュニケーションをとりながら動く中心的存在。 他部署の動きも製造部門の朝会に出て製造が順調に運んでいるか確認。

10:00デスクワーク

自分のデスクに戻り、新製品の試作を計画。 プラントでの試作はコストもかかる上、限られた時間で行わなければならない。 失敗することもあるが、それが早めに問題に気づく糸口にもなる。

13:00ミーティング

開発に欠かせないのがミーティング。 この日はある新製品のプロジェクトチームと2時間にわたってディスカッション。 社員間の信頼関係も良好だ。 周囲がことばを教えてくれるおかげで、入社後飛躍的に日本語が上達した。

15:00関係部署へ連絡

午前中に考えた試作について、関係部署へ伝達。

20:00帰宅

明日の仕事を決めたら本日の仕事は終了。 新妻の待つ自宅へ。 人生は仕事ばかりでなく家族も大切だと考えている。 MDFは休日も取りやすく自由な社風で、仕事とプライベートが両立できるという点も気に入っている。