働く人

01 普段はフレンドリーだけど現場の小さな以上も見逃さない。そんな先輩達に鍛えられています。製造2課 製造オペレーター 吉田慎吾(商業高校卒)入社3年目
Shingo Yoshida

働く環境や待遇に惹かれて入社、「一流企業だと気づいたのは入社後(笑)」。
仕事で工具を扱ううちにメカに目覚め、目下愛車のチューニングやドライブに熱中。
平日も休める三交代勤務の自由時間を100%満喫している。

吉田慎吾さん

樹脂製品を作るにはまず、原料を合成してモノマーガスという気体を作るんです。 製造1課が作ったモノマーガスを、僕ら製造2課が重合釜に入れ、その他の原料と混ぜて重合させます。 その後、できあがった液体を粒状にして棒形に固め、さらにビーズ状にカットしたものを最終処理すれば、製品の完成。 この、重合や後処理といったプラントの動きを24時間三交代で担当し、異常がないかチェックするのが僕らの役目です。

製造する製品が変わる時などはプラントを組み立て直すため、漏れなどトラブルが生じやすく 、そんな時は自分で工具を使ってボルトの増し締めなど調整作業をしますが、普段は制御室での監視業務が中心です。

入社当初はさっぱりわからない世界だったけれど、先輩について見よう見まねで実践するうち、 1年ほどで仕事の全体が見えるようになってきました。当社は新人教育が行き届いているので、 薬品の扱いなど基礎的なことは座学でしっかり学ぶことができます。

職場はフレンドリーな雰囲気で、いちばん後輩の僕も、先輩たちと冗談話を楽しんでいますね。 でも、皆やることはしっかりやる。熟練の先輩たちは現場のプラントのちょっとした異音や異臭にも敏感に気づけるんです。 経験が浅い僕にはこの「気づく」ということが難しいですね。現場は制御室のモニター画面で見るよりはるかに複雑。 だから、なるべく現場をよく見ることを心がけています。
今の目標?待遇の良さを活かして、もっといいクルマに乗ることですかね(笑)

製造2課 製造オペレーター

吉田慎吾のある1日

7:00出社

製造部門は三交代制。この日は「1直」つまり早朝からの勤務。 出社後、夜勤の「3直」の社員と引き継ぎを済ませて業務開始。 引き継ぎ事項を覚えておくため、こまめにメモをとるようになった。

8:00作業準備

通常は監視業務が中心だが、製造する製品が変わる時にはプラントの組み立てなどの現場作業を行う。 まずはその下準備。 オートクレーブ(高圧密閉容器)やタンクを解体して洗浄。

10:00組み立て

解体・洗浄した装置類を、製造品目に合わせて組み立て直す。 こうした再構築が月に1回程度必要になる。 その後装置を立ち上げ、異音や漏れなど異常があれば増し締めなどの対策を練る。

713:30重合開始

ガスや薬品を合成する「重合」は製造工程の中でも最重要作業の一つ。 制御室のモニター画面で正常稼働を見守る。

14:45引き継ぎ

午後出社の「2直」に申し送り事項を伝えて業務を引き継ぎ、15:00には一日の業務終了。あとは自由時間を満喫!
次の勤務まで1日以上空く日もあって、平日でも好きなドライブをたっぷり楽しめる。三交代勤務でよかった!